猫背の種類。あなたはどちらの型?

猫背とは

背骨は首の骨(頸椎7個)、胸の骨(胸椎12個)、腰の骨(腰椎5個)から成っています。このうち、胸の骨(胸椎)が前方方向に曲がった(わん曲)状態が一般的に猫背、医療用語では円背(えんばい)と言われております。


猫背の種類

猫背の種類は大まかに骨盤の向きで二種類に大別できます。

 

(1)骨盤後傾型

 

骨盤の上部が後ろ方向に倒れて非常に猫背が目立つタイプです。

 

特徴としては・・・

・前屈が苦手だけど後屈は得意

・畳などに仰向けで寝て、腰の隙間に手は入らない

・おなかがぽっこり出る

・ひざが曲がっている

・後腿(ハムストリングス)が固い

・椎間板ヘルニアになりやすい

・亢進すると背骨のS字が失われて平背型(フラットバック)に移行しやすい


(2)骨盤前傾型

 

骨盤の上部が前方向に倒れて背骨のS字がきつくなるタイプです。特に女性に多く見られます。

 

特徴としては・・・

・前屈が得意だけど後屈は苦手

・畳などに仰向けで寝て、腰の隙間にすっぽり手が入る

・おなかから腰にかけて突き出す

・ひざは伸びて見える(O脚の方は軽度屈曲)

・前腿が固い

・分離すべり症になりやすい


どちらのタイプも肩こり腰痛などが出やすく、

内臓疾患等の病気になりやすいので、全身を整えて

良い姿勢にする必要があります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

      姿勢改善専門 リペア院長 板橋